灰人日記

何もかもが中途半端な人間です

己の絵の成長過程

■俺の今現在の絵のレベルを晒す

現在バイトしているゲーム会社では企画系の仕事をしている。
正社員を目指すとしてもこっち系でがんばる予定。

絵はあくまでも趣味で、仕事では絵コンテくらいに生かせればと思っている。
それで生涯の趣味、みたいなものが欲しいから、ゆくゆくは漫画とか描いて、コミティアなんかに継続的に参加したりするのが直近の夢である。

本日は自分の絵の練習過程を記録を、絵を描き始めた当初から行っていたコピー用紙500枚チャレンジの経過とともに晒させてもらおうと思う。

絵を描き始めたのは二十代半ばから。

 

■500枚チャレンジ一週目

絵を描き始めて0~1年目くらい。
コピー用紙500枚の最初の頃。
アナログで落書き絵を描き始める。

絵を描き始めた当時は基本的に萌え豚だったので、女の子の顔だけ描いて満足していた。練習というものは一切行わず、てきとうに好き勝手に描いていた。
純粋に楽しかった。

f:id:hgys1988:20171028211957j:plain

 

f:id:hgys1988:20171028212007j:plain

 

萌え豚とあって目だけは肥えており、だんだんと自分の描く絵が下手なのに我慢ができなくなる。

なので上手くなろうと練習を開始するも、本格的なものではなく、ネットでよく言われていたヒトカクと○をかけってのと、30秒ドローイングをやれというのを信じてやり始める。

 

f:id:hgys1988:20171028212104j:plain

 

 

しかしこの練習方法では全然うまくならないのでジャックハムの本を買う。
とりあえず模写一周する。


この教本の勉強は全く楽しくなく、むしろ辛かったけど、他にやることもなかったので続ける。

 

教本の模写なども入れて、最初の500枚を描き終えた。
このときの練習したコピー用紙は引っ越しの時に捨ててしまってたので画像なし。

 

■500枚チャレンジ2・3週目

絵を描き始めて1~2年目くらい。
ちょうどニート時期とまるかぶりだったので、絵をかく時間は十分にあった。

俺は頭も要領も良くないので、教本を一冊模写した程度では人体のあれやこれを覚えれるはずもなく、またもひたすら好きな美少女を描きまくっていた。
主に顔と胴体のエロ(裸体)のみ。
これだけで1000枚くらいはうまったことになる。

 

f:id:hgys1988:20171028212225j:plain

 

 

なので手とか足などの人体の細部、角度のついた絵などは今でもうまくかけない。


そしてこの時期の後半に、型落ちしたペンタブを購入してデジタル絵を描き始める。
ネットの講座を見ながら色塗りの練習もしていく。
このレベルの絵を描くのに一日くらいかかっていた。

 

 

f:id:hgys1988:20171028212253p:plain

 


■500枚チャレンジ4週目

絵を描き始めて3年目くらい。
さらに教本、やさしい美術解剖図、リアルなキャラクターを描くためのデッサン講座を購入して模写を継続中。

f:id:hgys1988:20171028212326j:plain

 

f:id:hgys1988:20171028212338j:plain

 

f:id:hgys1988:20171028212347j:plain

 

 

そして現在のデジタル絵はこんな感じ。

 

f:id:hgys1988:20171028212521p:plain

 

f:id:hgys1988:20171028212532p:plain


最新の奴は前の記事のサーバルちゃん&かばんちゃんのイラストになる。


現在はもう少しでデッサン講座の模写が終わるので、背景の練習と同時に漫画制作もやる予定。

俺は行動が遅いのが致命的な欠陥。
前も同人描くと言ってやんなかったし(^_^;)

最近漫画のアシスタントをやっていたという人と話をさせてもらったけど、漫画を書きたいならウダウダ言っていないでとにかく描き始めろってのが大事みたいだ。

わかってはいるんだけど、ホント漫画描くってすげー労力だなと足踏みしていたが、もうこの期を逃すと一生描かない気がするのでがんばってみる。

 

■500枚チャレンジ4週目にして思ったこと

俺が個人的に思ったことなので、絵の上達に関してのアドバイスじゃないよ(^_^;)

 

・ヒトカクは普通に難易度が高い。初心者にはまず向かないと思う。
・○をたくさん描け、とか直線をたくさん引く練習とかは意味なかった。
30秒ドローイングも、人体の基礎ができていないのにやるのは無意味。

 

・上手くなりたいなら、やっぱり基礎練習がいる。いくら落書きを量産しても上手くならないし、才能がある奴だったとしても、上手くなる速度が段違いになるはず。

・一番最初の教本はネットの知識を鵜呑みにせず、本屋で見て、自分が無理なく練習できそうなものを選ぶ。
・ただし、ジャックハムとかルーミスなどの教本は、上手くなりたいならいずれは避けて通れないと多くの神絵師が言っている。俺レベルでもそうだなぁと思う。

・デジタル絵を描く際は、ブルーライトメガネを着用すること。俺は初期のころは素のままでPCを長時間見て描くってことをやってしまったせいか、視力が落ちた。これが原因なのかただの歳なのかはわからないが……。

・500枚チャレンジをやる必要はない。けど、継続って観点からみれば有用ではあると思う。上手くなりたいと思って教本とかの模写をやると嫌気をさすことが何度もあった。
しかしこれを息抜きとして、好きなキャラ描いたりして、その枚数が溜まっていくのが貯金しているみたいな感覚になって楽しくなったり、ならなかったり、要は絵を描くことを習慣化してくれるというのが最大のメリットであるように思う。
描いたり描かなかったりではまず成長はない。
毎日少しでもいいから描くようにすること、これが大事なんだと信じている。

 

以上です。

読んでくれた方、ありがとうございました。

 

にほんブログ村 イラストブログ 今日描いたイラストへ
にほんブログ村