灰人日記

何もかもが中途半端な人間です

流行の波に乗れた(小波)

ツイッターで絵が下手なまま拡散される方法なるものを見ました。

 

・流行に乗れ

・質よりも数、描き込みよりインパク

・神絵師にリツイートされるよう努力

 

簡単に言えば以上のことを行えと。

まぁ、これを描いている人が既にかなり上手いので、なんだかなぁと思っている人も多いようで。

俺もその内の一人だけど。

 

すでに神絵師なるものが溢れていて、さらにもろに実力が露呈してしまう絵というジャンルでは、拡散する努力云々以前に、ある一定のレベルが要求されるとおもう。

 

それに至る前に、承認欲求を発動させて評価されたいってなってしまうと、

絵にかけた時間や労力といったものの反動から、やる気をなくすことが多い。

 

個人的には自分が絵を描いて楽しい、という気持ちをどう継続させるかという点に注力したほうがいいように思う。

 

絵に限らず、気持ちよく高見に上っていく人は後から結果がついてきただけ、みたいな人が多いし、理想でしょ。

野球でいえば、大谷選手とか、将棋でいえば藤井君みたいな。

好きでやってたらいつの間にかすごいとこまでいってた的なね。

 

彼ら天才にはなれないとしても、それに近づく努力はなにかしらできると思うんだよね。

少なくとも下手なまま多くの人に拡散しようと思うよりは健全だとは思う。

 

俺レベルで絵を語るのはおこがましいが、

絵を描いていて楽しいのは、間違いなく描いている最中なわけじゃない?

 

今まで描けなかった線がかけるようになる技術向上の喜びから、

好きなキャラを描く、頭の中の想像が上手く表現できた、という自己満足とかさ。

 

むろんその描いた絵を発表して評価される喜びもある。

そしてその喜びは大きい。

これは注意しておかないと、自尊心が擽られ、描く喜びがいつしか薄れ、他人の評価のみを求めてしまうようになっていく。

俺も引っ張られることがたびたびある。

 

けど、自力が低いままだど、結局その他者からの評価は伸びない。

描く喜びを忘れ、修練を怠ったまま、拡散に必死になればなるほど、

一向に評価が上がらないという事実を前にして、腐ったり自己愛をひどくこじらせてしまう人も多々居る。

 

まぁ、ツイッターの意見は、絵が上手い人、上手くなりたいひとは関係がないってスタンスらしいけど、

それって絵を描く意味あるw?

とか思ってしまうわけよ。

 

上手くなりたくなくて、好きよりも評価優先で絵をかくなんて地獄見る奴の方が多いでしょ。

 

絵なんて基本的に時間はかかるはめんどくさいわで、

他者からの承認を得るツールとしては難易度高い方じゃんw

もっと楽で楽しいやつを選びなよ、と。

歌にしろゲーム実況しろ配信にしろなんであれ、

評価されようとすれば厳しい世界とは思うけれども。

 

xxx

f:id:hgys1988:20181014223057p:plain

 

xxx

 

いやまぁ、さんざん評価を求めないようにした方がいいんじゃね、と思いつつも、俺もやっています。

特に流行に乗ろうとする小賢しいのはw

 

今まで明確にやったのは、アズールレーンが流行った時かな。

まぁ、ゲームもプレイしていたし、好きだったのもあって、

pixivでもっといいねとかブクマ伸びないかなぁ、と思って描いてたけど、全然伸びずw

 

で、タイトルのはなんだよって話は、ゴブリンスレイヤーです。

アニメの影響でpixivの検索ランキング一位に乗っていたのを見て、

漫画好きだったし、元々エロ絵描きの俺としては描くしかあるまいと思い、ささっと2時間くらいでゴブスレのエロ絵を描きました。

 

すると2日でブクマ200もらいました。

検索率と作品がエロと親和性が高かったのが要因だったようです。

 

さらに外国の方から、有料で絵を描いてくれとの依頼も。

これは今まで、極まれに、本当にたまくるけど、今回は数人きた。

リクエストに応えられないと判断して断ってるけどね。

今の俺の絵一枚に5000円の価値はないなぁ。

 

今までの最高が1~2ヶ月でブクマ140のシャニマスのエロ漫画数ページ。

評価の記録更新は嬉しかったけど、シャニマスの方は数日かかっているので、いち絵描きとしては、どうなんだこれ、と複雑な思いもある。

 

描いている絵のレベルは別に急に上手くなったなんてないわけだし、

気合いを入れているのはどう見てもわたモテの方だったからねw

 

絵を好きで描くということと、評価を求めること、

どのスタンスで描くかは結局は人それぞれだけど、

後者はその割合が増えていくのと比例して苦痛も増えていくのが容易に想像できるので、自分はできるかぎり前者を見失わないようにしていきたいと思った。

以上です。